社員インタビュー

Interview

新卒採用 スーパーバイザー S.T.(戦略顧客グループ)

「現場を経験する過程でスタッフにアドバイスができるように成長しました」

私はフィクスに入社するまで流通や販売促進のことを全く知りませんでした。募集要項を見た時はそもそも「モノが売れるために働き掛けをする」という職業があることに驚きました。入社してからは毎日が勉強ですが、最初のうちはビジネス用語が分からず、何度も上司や先輩、時にはスタッフの皆さんにも質問を投げ掛け、私が理解できるまで付き合っていただいたことを覚えています。
私が管理するスタッフは私の親くらいの年齢の方も多くて可愛がっていただくこともありますが、入社当初はスタッフの方とのコミュニケーションにとても苦労しました。スタッフの方に信頼してもらえず、指示を聞いてもらえないこともありましたが、周囲から受けた指示をそのままスタッフに伝えるだけだったので無理もありません。その後、店頭販促実務の機会を沢山持って的確なアドバイスができるようになり、少しずつスタッフの皆さんから信頼して頂けるようになったと思います。

「社員、スタッフとともに成長して行ける会社です」

ようやく自分で考え、判断しながら業務を遂行できるようになり、最近、新人のスタッフを任せてもらえることになりました。新人スタッフの方が、私の指示やアドバイスによって「店長と上手く交渉できました」「魅力的な売場を作ることができました」と報告してくれ、スタッフが成長する姿を見ることがとても遣り甲斐です。入社当初は自分のことで精一杯だった私が、人の成長に関わることができているということもこの仕事の大きな魅力で、これからも自分ができることを精一杯やりながら成長して行きたいです。
先ずは自分自身で深く考え、様々な提案ができるようになることを求められていると捉えており、自身のスキル向上を目指して頑張って行きたいと考えています。今は、まだまだ一人前とは言えませんが、スーパーバイザーとしてスタッフの管理スキルを磨き、クライアントの期待を上回る成果を出すために日々、目の前の業務に取り組んで行きます。

キャリア採用 マネージャー S.K. (戦略顧客グループ本部)

「社歴や年齢に関係なく高度な案件を任せてもらえる」

私の社会人経験は「小売業で商品を売る」「ホテル経営で人を雇用する」という内容で、この2つの経験をフィクスで生かしたいと考えて入社しました。入社当初は想像以上にデータに関わる業務が多くて苦労することもありましたが、業務の本質は思っていた通り「店頭という現場で如何に商品を売るか」ということで、クライアントを含めたチーム全員で商品の売上拡大を目指すことは正に自分の経験を生かせる仕事でした。
入社して半年くらいで一連の業務を経験し、先輩に聞かなくても業務遂行できるようになって行くとともに、周囲に負けたくないという気概を持つようになりました。そのタイミングでマネージャー立候補制度という人事プログラムを知り、マネージャーになってチームを運営したいという意欲が高まりました。当社は社歴や年齢に関係なくその人の業務を評価し、頑張れば難しい仕事を任せてもらえる社風で、そうした環境だからこそ、自身の将来を見据えてマネージャーを目指そうと考えました。

「店頭販促の専門家として、クライアントの売上拡大の手段を考えて実践していく」

現在はマネージャーとして全国で活動するスタッフが数百名、スーパーバイザーが20名超という非常に大きな業務を任せていただいています。本部(窓口)担当として、クライアントへの活動成果報告や業務提案、グループ全体の運営管理を行うことがミッションです。担当しているクライアントは世界最大の消費財メーカーで、グローバル視点での対話や業務遂行はとてもエキサイティングです。クライアントの期待値を上回れるかは自分の肩に掛かっているということをプレッシャーに感じる時がありますが、私にとって大きな活力になっています。
売上拡大の手段や販促手法は様々あります。クライアントが気付いていないこと、悩まれていることに対して、店頭販促の専門家として常にクライアントと真剣に向き合い、クライアントのビジネス成功に向けたオペレーションをこれからも追及して行きたいと考えています。

キャリア採用 チーフスーパーバイザー H.M.(東京営業所)

「日々、自分自身の成長を実感しています」

私は最初、営業事務職に応募し、今のようにスーパーバイザーとして業務全般の運営管理やスタッフに指示を出したり、クライアントと議論するようになるとは思ってもみませんでした。店頭販促はもちろん、流通やアウトソーシングについて何も知らない状態で、会議資料の準備や誰かをサポートすることが向いていると思っていたからです。
フィクスに入社するまでプレゼン経験は無く、人前に出ること自体が苦手でした。スーパーバイザーの重要な業務の一つにスタッフとクライアントとの合同会議の運営があります。スーパーバイザーは会議全体をリードすると同時にスタッフの発表をフォローして成果をアピールしないといけないのですが、以前は自分が話すことに精一杯で何のアドバイスもできませんでした。今振り返ると本当に力不足だったと思いますが、今ではスムーズな運営ができるようになって、仕事を通して自分の成長を実感できることは凄く有難いことだと思います。

「遣り甲斐は後輩が育つ姿を見られること」

最初は福岡営業所でスーパーバイザー業務の全般を経験し、その後に東京に転勤して1社の業務を専任で行う部署に異動、今は東京営業所のチーフスーパーバイザーとしてクライアントやスタッフの管理、新規開拓営業、後輩スーパーバイザーの指導といった幅広い業務を行っています。福岡を離れる時は東京勤務への抵抗感がありましたが、異動の経験が私を大きく成長させてくれたと思っており、今となってはとても良い決断でした。
現在のモチベーションは、スタッフとの対話は元より、スーパーバイザーの後輩たちが育つ姿を見られることです。一つの部署しか経験していないと改善点が見え難いものですが、複数の部署を経験したからこそ教えられることや教え方の幅が広がったと思います。今後もチーフスーパーバイザーとして後輩の指導に注力して行きたいですが、将来はこの経験を生かして会社全体の教育を推進する部署で活躍したいという目標を持っています。

キャリア採用 スーパーバイザー T.T.(営業推進グループ)

「職場の雰囲気、周囲のサポートで営業成果を上げることができました」

前職はビールメーカーでフィールドスタッフと同じような店頭販促業務に従事しており、転職に際して、店頭販促活動の実務経験を生かして業務全体を管理する立場で仕事がしたいと考えていました。
最初の配属は広島営業所でしたが、営業所内の雰囲気やメンバーのサポートにはとても感謝しています。営業所での新規営業活動の実績が認められて新規営業専門部署の新設と同時に配属となって本社に異動しましたが、私が新規営業に注力できたのは、一連の業務を丁寧に教えてもらえたことは元より、私が新規営業に注力するために業務をフォローしてくれたチームワークが影響しています。
また、新設の新規営業部署のメンバーに選ばれたことも自信に繋がっています。今は新規営業活動に専念していますが、首都圏での営業の遣り甲斐と喜びを感じるとともに営業の厳しさを学んでいます。

「精力的に新規開拓営業に取り組んでいます」

広島営業所時代と首都圏では営業手法に違いがあって最初は戸惑い、自身の営業スタイルが正しいのか悩んだりもしました。営業所だと自分のキャラクターを気に入っていただけると受注できるというケースもありましたが、現在は潜在顧客のニーズを的確に捉えているか、プレゼンテーションのストーリーに説得力はあるかなど、提案の中身をシビアに評価されていることを感じていて毎日が勉強です。
当社サービスの提供先はどの業界が良いか?成長が見込める市場はどこか?新しい技術を組み合わせて更に良いサービスを提供できないか?と海外の消費財市場もウォッチしながら営業戦略を練っています。
この仕事の醍醐味は、自分が取引したいと思うメーカーに対して最適な店頭販促施策を提案し、受け入れて頂いた時です。小売店頭で誰もが目にするグローバルブランドへのアプローチ過程は緊張感と同時に何とも言えない刺激に溢れています。今後も情報感度を高めながら新規開拓営業のスキルを磨いて行きたいです。