社員インタビュー

Interview

キャリア採用 マネージャー T.O. (戦略顧客グループ)

「人との関わりを通して自身も成長することができる」

私はフィクスに入社するまで飲食店などでの接客業しか経験がなく、流通や小売業、販売促進についても何も知りませんでした。アウトソーサーとして「売れる売場を作る」「成果を追求する」会社があることを知り、不安もありましたが興味を持ちフィクスへの入社を決意しました。
入社して間もないころ、現場を担当するスタッフとの関係が上手くいかず悩んでいたところ、社長から直接メールをいただき大変驚きました。当時、年に数回しかお話する機会がありませんでしたが、私の状況を把握されており、悩みに対してのアドバイスが記載されていました。そのアドバイスの内容は「スタッフに対して敬意を表していますか?」でした。
ご指摘いただいたアドバイスを意識した対応を心がけるとスタッフとの関係性が改善できました。
フィクスの業務は社内外多くの“人”が関わり成り立っています。関わる全ての人を大切に思い、礼節を重んじる社風に安心と期待を持つことができました。

「店頭販促の専門家としてクライアントの売上拡大の手段を考え実行する」

また、フィクスは社歴や年齢に関係なく個人を評価し、頑張りに応じて更にチャレンジさせてもらえる社風です。そうした環境だからこそ、自身の将来を見据えてマネージャーを目指してみたい、マネージャーになってチームを運営したいという意欲が高まり、「マネージャー立候補制度」という社内制度に挑戦し、マネージャーになることができました。
現在では全国で活動するスタッフ数百名、スーパーバイザーが数十名のチームの中で、更なるクライアントの売上を拡大
するために次々と新たなプロジェクトを任せてもらえるようになりました。
店頭販促専門のアウトソーサーとして、クライアントの課題解決のため、クライアントと真剣に向き合い、フィクスにしか出来ないこと、クライアントのビジネス成功に向けたオペレーションをこれからも追及して行きたいと考えています。

キャリア採用 リーダー M.N. (戦略顧客グループ)

「リーダーとして多面的に物事を考えることができるようになりました」

入社以来、1つのメーカーを専属に担当する部署で勤務しています。入社後1年間でスーパーバイザーの一連の業務を経験し、自身が担当窓口となる「小売企業での実績を上げるにはどうしたらよいか」、を日々考えていました。
クライアントから頼りにされた時やスタッフから感謝の言葉をもらった時はとても励みになりました。

2017年の札幌営業所開設とともに、東京から札幌へ転勤し、新規設立事務所での営業開始にあたり、リーダーとして準備
から関わることが出来ました。
また、新たなメンバーと一緒に仕事をすることで、色々な価値観を知り、多面的に物事を考えるということに改めて気づくことができました。
北海道という土地柄、冬場の車での活動には充分注意しなくてはならず、店舗によっては100㎞以上の移動距離がある中、日々担当店舗を巡回し、期待以上の活動をしているスタッフには、とても感謝しています。

チームとして解決し成果に繋げていく事が自分の役割

リーダー職になり、自身でスタッフとコミュニケーションをとる機会が少なくなり、もどかしい部分もありましたが、店頭活動をするスタッフやオペレーションを管理するチームの課題を吸い上げ、チームとして解決し成果に繋げていくことが
今の私の役割だと思っています。その中でチームメンバーがポジティブに物事を捉え、仕事に対して能動的に行動している姿を見ると、自身のモチベーションアップにも繋がります。

入社当時と比較すると、スタッフやスーパーバイザーの人数も増え、データ化された蓄積情報も多くなりました。
クライアントの売上拡大に繋がる活動をより効率よく運営していくことが重要となるため、既成概念にとらわれず、チームの運営力を高めていきたいです。また、フィクスでは、提案できる場も多数あり、社歴や年齢に関係なく意見を言える環境があります。日々の業務だけにとらわれず、将来的な視点もふまえて仕事をするよう心がけています。

キャリア採用 事務職 A.K. (戦略顧客グループ)

「年齢や職種に関わらず提案出来る社風があります」

入社してから、社内で最も売り上げの高い部署の営業事務として業務に携わっています。業務内容は、スタッフからの販促物の依頼を毎日取り纏め、販促物の手配申請やデータ集計、会議資料準備などを行い、日々スーパーバイザーのサポートをしています。

所属部署では年2回、所属部署のスーパーバイザー、スタッフ全員が集まる「全国会議」を行っており、普段は他エリアで
勤務するスーパーバイザーと全国で活動する数百名のスタッフが一同に会するので非常に刺激を受けます。
会議の事前準備や運営は正直大変ですが、この規模の会議運営に携わることができるのは非常に良い経験だと
感じています。

また、年2回クライアントへ提案する機会があり、私も何度か起案し、社内選考を経て、今までで2度クライアントへ提案することができました。
なかなか営業事務職がクライアントに提案を行う機会はないと思うので貴重な経験ができました。
フィクス社内においても年齢や職種に関わらず、良いことは積極的に取り入れてもらえる風土であるため、このような提案できる環境はフィクスの魅力の一つであると感じています。

「スタッフから感謝してもらえた時に遣り甲斐を感じます」

日々の業務で工夫していることは、スタッフがタブレット端末を用いて活動を行うため、配信するメールや資料は
タブレット上で見やすいかを意識して作成しています。スタッフから私が作成した資料が見やすいと言ってもらえたときや、感謝してもらえたときは非常にやりがいを感じます。

今後はタブレット用のExcelアプリの導入と、スタッフの声を汲み取った業務に関するQ&A集の作成に取り組む予定です。
大人数で使用するにあたり、運用し易いルール決めと、機械操作が苦手なスタッフにもわかりやすいマニュアルを作成しようと考えています。
Excelの便利な機能を使うことでスーパーバイザー・スタッフともに業務の負担を削減することが目標です。

新卒採用 スーパーバイザー R.K.(大阪営業所)

「幅広い業務を経験することができ、スタッフと共に成長できる会社です」

私は、就職活動をするまで流通業界や販売促進について、全く知りませんでした。就職活動を進めるなかで、フィクスと
出会い、店頭販促専門のアウトソーシング会社とは「どんな会社なのだろう」と興味を持ちました。説明会への参加や業界研究を通してスーパーバイザー職に魅力を感じ応募しました。
スーパーバイザー職は、クライアントであるメーカー企業の売上拡大のために、店頭販促活動の取り纏めや報告、課題解決のための提案、スタッフの教育に携わるなど、幅広い業務に携われることが入社の決め手となりました。

入社して苦労したことは、店頭販促に関する知識や業務を習得することはもちろん、自身より年上のスタッフに対しての「伝え方」です。
今でも上手くいかないこともありますが、最前線である現場(店頭)での活動を行い、現場を熟知しているのはスタッフです。現場で分からないことは、スタッフに教えていただき、またスーパーバイザーとして必要な知識等については上司や
先輩社員に教えていただけるのでとても感謝しています。
私が周りの人から教わり、吸収したことを次の新しいスタッフに教えながら、スタッフと共に成長できる職場であると思っています。
フィクスは人の成長をサポートしながら、自分自身も成長できる会社です。ここがフィクスの一番の魅力だと私は思っています。また、複数のクライアントを持つことで、メーカーの考え方、商材の背景、多くの価値観に出会える事も刺激に
なり、日々勉強になる事ばかりです。そして、既存のクライアントとの関係構築だけでなく、今後は自分自身で新しいクライアントを開拓する新規営業にも携わることができます。商品を売るために、相手の立場を考える想像力や理解力、どうすればよい関係を築けるのかを考え試行錯誤する、営業にとっての根幹となる能力を磨いていきたいと思います。

「日々前向きに取り組み、クライアントの期待に応えます」

私のやりがいは、スタッフと仕事をしていく中で、課題点を見つけ改善し、クライアントの期待にこたえていくことです。
今はまだまだですが、1人前のスーパーバイザーになる為にも、業務スキルを向上させて、クライアントが求めている事を日々考えながら、期待以上の成果を出せるよう業務に取り組んでいきます。